2019年12月14日
  • 真の学力向上を目指します 解けた喜びを実感

集団授業へのこだわり

 最近は個別指導塾が人気です。

 しかし、けやき塾は集団授業にこだわりを持っています。それはなぜでしょう。

 1対1の場合、相手は自分だけに向けて話をしますね。その時、もし自分が腑に落ちない顔をしていれば相手はそれに合わせて話の仕方、説明方法などを変えてくるはずです。

 これを勉強で例えれば、偏差値70レベルの問題でもヒントや誘導などで偏差値60、50レベルの問題にして自分に合わせて作り直してくれるということです。

 これでは自分から相手に歩み寄る力、勉強で言えば読解力、問題解決力はつきません。

 つまり個別指導は、そこで待っていれば自分の好みに合わせた料理を作り、目の前まで持ってきてくれて、なおかつ食べさせてくれるイメージなのです。塾では解けた問題が、家に帰ると解けないことがあるのは、このようにして学んだことは、達成感が乏しく十分に理解していないことが多々あるためです。

 確かに、病気で寝たきりになったような場合には、消化にいい物を作り、口までもっていってあげることも必要です。同じように勉強でも、個別にみてあげることが必要な場面も多くあることは確かです。

 しかし、寝たきりの状態を脱し、自分の力で食べられるようになってもなお、このような食事を続けていたのでは、健康になったとはいえませんし、力もつきません。やはり自分の手で口まで運び、しっかり噛んでこそ食事も楽しいし、健康になったといえるのではないでしょうか。

 勉強も同じことと考えます。偏差値70レベルの問題を自分の力だけで解いてこそ、達成感もあり勉強も楽しくなるはずです。それにはまず、読んで理解する力と同時に聞いて理解する力、自分から聞く力をつけるべきでしょう。もちろん、最初はとても大変なはずです。しかしそこで安易に個別に走らず、なんとか自分で理解しようと努力することこそが大切だと考えるのです。

 けやき塾ではこれからも、集団授業にこだわり続けていきます。